無重力水槽

電子レンジがお送りします

初めてコミケにサークル参加してきた(C97アイマス島レポ)

 

f:id:denshirenjip:20200104230805j:plain

 

 

忘れないうちに文章にしておきます。

冬コミに初めてサークル参加したので、工夫した点とか

当日の所感のまとめです!

 

 

とても充実して楽しかったです....

私は冬コミなんて遠い世界の出来事で、サークル参加なんて夢にも持っていなかったのですが、冬コミは申し込んで当選すると、出れる。ということがわかりました。アホみたいだけど、これは本当に実感としてそうです。冬コミは申し込んで当選すると、出れます。

 

まずプロフィール

 

  • 電子レンジ
  • アイマス界隈で、Twitterメインでお絵描き。お絵描き歴は1年半。
  • 今回は憧れのコミケに初めてサークル参加。
  • コミケ前にオンリー即売会で初めて同人誌を頒布して無事完売。
  • コミケ一般参加は1度のみ。去年のC96に一般参加して東館裏駐車場で蒸し焼きにされた。コミケ自体はとても楽しかった。

 

 

去年の秋にコミケ申し込みをしました。

月並みだけど即売会出るか悩んでる人は...ノリと勢いで申し込むしかないようです。誰だって最初は初心者な訳だし、「まだ実力が〜」とか言って足踏みしてるより一回出た方が学ぶことは100倍あると思うので...。

 

 

 

結論からいえばオンリーもコミケもそんなに変わらないです。イベントそのものの規模が違うだけです。いざコミケが始まってしまえば、卓からみた景色は変わらないので。

 

 

コミケの当落が出て、その時にサークルの場所が知らされるのだけれど、確認してみたらお誕生日卓で驚きました。what?! 初出展なのになんでー?!と思って調べてみたら、小規模のサークルでも色々調整でお誕生日卓に配置されることは往々にしてあるみたい。

とにかくお誕生日卓は目立てるだろうし、しかも一番端の(壁に面した)島のお誕生日卓だったので完全にラッキーでしたね。ぶい。

 

頒布物は新刊のみで、イラスト集。

 

頑張って絵を描いて、それをイラレでまとめて11月24日あたりにデータ入稿。全部家で済むから楽で助かる....。今回はイラスト集なんだけど、100ページの本を作った関係で入稿データミスが複数箇所あって、それを印刷会社さんと何往復かしていたら早割でなくなってしまった.....。

 

ページの順番指定漏れとか、右開き左開きの指定ミスとか、塗り足し不足とか。印刷会社から連絡があった時北海道に旅行中ですぐに対応できなかった。パソコン持ち歩いていれば即座に対応して早割だったのに...おばか....。

 

今度から入稿前にミスがないかチェックするのは大前提にしても、ミスがあっても対応して間に合うくらいの余裕は持って入稿したい。

 

 

 

 

 

印刷会社さんのサービスで、直接搬入があったのでそれを選択。新刊は印刷会社が刷って当日ビックサイトに納品してくれるそうな。

 

それからしばらくして印刷会社から見本の新刊が2冊が郵送されました。中身をチェックするとなんと一箇所著作権に違反している箇所を発見。

 

 

即座に印刷会社に連絡して、新刊を全て自宅に郵送してもらうように依頼しました。

自宅に届いた新刊全て開封し、8時間かけて全ての該当箇所にサインペンで塗り潰しをしました。本当に反省。死ぬかと思った。

 

全部を修正して再梱包して自宅からビックサイトに郵送。4万円くらいかかりました。これらは現地の受け取りで1万円かかり、早割喪失の支出5万円と合計してまだ始まってないのに想定していない10万円が飛びました

勉強になるなぁ.....。

 

 

 

それから売り子さん探しを身内で探して、サークルチケットを郵送。

売り子さんが売り子初めてだったので、諸注意や服装、持ち物、当日の役割、動き、報酬等についてをテキストベースでまとめてLINEで送りました。

 

 

 

 

 

 

さて、それから12月になって、ちらほら冬コミの話題がTwitterに出てくるように。

各サークルがお品書きを宣伝し始めるのがだいたい2週間前くらいで、お品書きが出揃うのが1週間前くらい?それより前の時期はみんな原稿をしているので、1ヶ月前に入稿が済んでいればそれ以降は宣伝に注力できる...っていう作戦だった。

 

 

 まず当日25日前に表紙のイラストの別バージョンを公開しました。

目的はサークルの認知と、宣伝です。

C97のハッシュタグと自分のサークル名のハッシュタグで、以後の宣伝ツイートをツリーで追えるようにしました。

 

 

 

当日18日前に宣伝動画を投稿しました。

 

Macに最初から入っているiMovieという動画編集ソフトと、スマホの動画作成ソフトを利用しました。動画は完全に素人なので見よう見まねです。とにかく「なんだか凄そうだぞ」という期待感を与えるような動画を目指しました。結果として4.3万回再生されたので満足。。

 

しばらく固定ツイートに置いておきました。

 

それから2日に1度くらいは絵を更新したり、過去にうまく描けた絵を積極的にリツイートしながら多動しました。わちゃわちゃ動いていれば非フォロワー層にもリーチすると思ったので。

 

とにかく本当の絵うまい人たちがお品書きを出し始めると100%埋もれることはわかっていたので、それより前に出来るだけのことはしました。

 

 

 

10日前に見本で届いた新刊の中身を一部公開しました。

本のページ数が多いと多めに中身を公開しても未公開ページがまだまだあるので宣伝しやすかったです。20ページ見せてもあと80ページある!w

 

 

 

同日、ブログ記事を書きました。

内容はお品書きや本の説明、サークルの位置の説明など。

 

 

 

当日6日前、お品書きをツイートしました。

お品書きはもっと前から出ていて、動画やブログでも公開していたのですが、ツイートでの宣伝はこれが初。

 

 

 

当日5日前からカウントダウンイラストを投稿。

私の絵に興味がなくてもカウントダウンそのものには価値があるので、リーチしない層にもリツイートしてもらうのが目的でした。まぁこれは...そんなに効果なかったかも!w

 

 

 

当日3日前にアイマスサークルチェックのツイキャス生配信をしました。これもまぁ、結果的に宣伝としての効果はそこまでなかった!

 

 

 

前日に着ていく服のツイートをしました。この辺りになるとどう足掻いても仕方がないので、サークル主がわかるように服をツイートした形ですね。

 

 

前日は緊張と楽しみで全然眠れませんでした。

4時半起きに対して眠れたのが2時過ぎ....orz

 

荷物はすべてビックサイトに送っていたので細かい私物とサークルポスターだけ持って出発。電車に揺られて7時過ぎにビックサイトに到着。

 

特に並ぶこともなく南館にサークル入場。

 

f:id:denshirenjip:20200104231229j:plain

 

これ本当は撤収後の写真だけど、こんな感じ。

まだ誰もいない新品の雰囲気。でもこれから巨大なイベントが始まる予感がすごかった。

 

 

開場が10時なので準備は3時間。結果的にぴったり3時間かけて準備しました。

 

道具はメジャー・マスキングテープ・ガムテープ・カッター・ゴミ袋。

 

まず椅子を下ろして持参したメジャーで机の幅を計測、半分のところでマスキングテープで印をつけて持参のマットを敷きました。机むき出しだと見た目が勿体無い。

 

それから新刊を立てる棚やサークルポスターの設営を売り子さんに指示して自分は台車をレンタルして郵送物の受け取り。自宅から送った新刊。死ぬほど重い。自宅で計測したら一箱23kgある。それが20箱。

 

5往復して自分のサークルに運んだら大変なことになった。ひたすら箱を開梱して机に乗せ、机の下に収納して、在庫は裏へ。大量の段ボールゴミと紙ゴミが出たのでまとめてごみ収集所へ。普通に汗かいた。

 

ゴミ袋持ってきて本当によかった。

 

 

 

 

無事設営完了!!

すぐに写真を撮ってツイート。外で待ってくれているフォロワーさんは絶対Twitterを相当な頻度で見ているはずで、設営中のツイートとかも絶対楽しめると思ったので、今度はもう少し多めにツイートしてもいいかも?

 

それからサークル参加者さんが挨拶に来てくれて、あとメロンブックスさんが来てくれた。同人誌仕入れ課のかた2.3人と名刺交換。

委託どうですー?というお誘いで、僕は事前にメロブさんからメールを戴いていたのでネットで新刊の登録をしていた。その旨を伝えて、今回残った分は終わったあとでサークルに受け取りに来てくれることになった。有り難すぎる。

 

売り子さんに金庫代わりのポーチを肩からかけてもらった。

 

 

 

それから開場前にコミケスタッフさんが来てくれて見本誌を提出。事前に全部記入していたのですぐ済んだ。

 

 

 

そしていよいよ開場。

なかなかあっさりと始まるものだ。パチパチ巻き起こる拍手が高いビックサイトの天井に反響した。おぉ...いよいよ始まる。エスカレーターから来場者がやってくる。

「走らないでください!そこの青いパーカーの方!!!走らないで!」

というスタッフの怒号が飛び交う。結構怖い。

 

 

 

 

いよいよ始まるぞ!!

 

 

 

と身構えたが、僕が思っていたようなごった返した感じにならない。もっとごった返した戦争みたいな感じになるのかと思ったら、始まって10分たっても全然通路に余裕がある。おそらく入場の制限があって、分割して来場者を入れているようだった。あと、入った来場者はまず壁サーとか、限定の所とか、売り切れ必須の所に駆け込むので、普通のサークルの所はその次なのだろう。

 

それからちらほら売れ始める。

2.3人、多くて5人くらい並んでるイメージ。それが14時まで続いた。

 

僕と売り子2人で合計3人、それを「注文・会計」「お渡し」「在庫補充」の3つの役割に分けてローテーションした。

ローテーションすれば誰かが抜けても全員がどのロールに入っても補完できる。

「注文・会計」はお金を守る、「お渡し」は新刊を守る、「在庫補充」は在庫を守るという役割分担。

 

昼頃になって1人ずつ休憩。昼過ぎまでは来てくれた人に直接手渡ししたかったのでずっと受け渡しで立ってた。後になってからサークルエゴサしたら「あの渡してくれた人が電子レンジさんだったんだろうか....??」というツイートを散見したので、今度から首からちゃんと名刺をかけようと思った。

 

 

 

 

 

「仙台現地でお会いしました!」とか「いつもイラスト見てます!」とか、声をかけてくれる方が沢山いらっしゃって本当に嬉しかった。人生の最終回みたいだな...と思った。

 

本を渡すときは「ありがとうございます」だけじゃなくて「雨の中大変でしたねー!」「コミケこの後も頑張ってください〜!」「帰りも気をつけて!」とか一言添えた。

 

 

 

 

 

 

 

昼過ぎになって新刊の束を抱えて他サークルの挨拶まわりへ。挨拶回りは楽しい。遊んだことある人には「こんにちはーw」ってなるし、顔見知りには「こんにちは!」ってなるし、Twitterでのみやりとりしてた初対面の方には「こんにちは//」ってなった。

みんな卓ですごく活き活きしてる。

 

うわぁあの絵師さん本当に存在したんだ!とか、恐れ多くて話しかけられない方の本をそっと買いに行ったり....。

 

 

15分くらいして自サークルに戻ったら売り子さんから「電子レンジさんはいないんですか」みたいな問い合わせを複数受けたと言われ、やばいやばいと思ってなるべくサークルに立った。売り子さんの休憩はなるべく多く取ってもらった。3人いるとそういう余裕があって良い。

 

 

14時をすぎると会場も結構落ち着いてきた。

いや、まだ結構在庫あるぞ?!と思い、声出しをして集客。

「見るだけでいいので見てってくださいー!」「イラスト本ですー!見てってくださいー!」たまに見てくれて買って行ってくれたので、声出しして良かった。

声出しして見本を読んで買ってくれる率は30%くらいかな...?

 

 

 終わる直前まで1冊、また1冊と売れた。

ゆるりと本をしまいつつ、最後は全て梱包。

ほぼほぼノルマを若干越えるくらい売れた。ラスト2時間声出ししなかったらダメだったかも。これは持論だけど、やっぱり活気があって「見てってー!」っていうサークルは「しょうがないなちょっと寄ってやるか」ってなる。

 

残った在庫はメロブさんに持って行ってもらった。他の道具とかも梱包して自宅へ着払い郵送。これで手ぶらで帰れる....体力も限界なので多少お金がかかっても郵送したほうがいいな...と思った。

 

 

 

 

コミケ無事閉幕。拍手の中幕をとじた。

ほとんど人がいなくなったビックサイトを出た。10時間ぶりの屋外だった。

 

 

それから帰って、一般参加の仲間たちと打ち上げをして帰った。

自宅でお金を整理して、とんでもない量の小銭等をまとめて、倒れるように寝た。

12時間くらい一度も起きなかった。

 

翌日、郵送物が届いて、本を整理して、差し入れを一つずつ全部写メして裏垢で感謝ツイート。三が日家族で全て平らげた。ありがとうございました!

 

 

コミケはそんな感じで終わった。読んでくれればわかるけど充実してとても楽しかった。運命が許せばまたいつか絶対出たいと思った!

 

今は交換いただいたり買った新刊を一冊ずつ読んで記事にしている。

感想を書くと作家さんのやる気にアレして、今後のモチベーションにナニすると思う。みんなも積極的に感想ツイートをして作家さんに送りつけよう。

 

 

 

来てくれた方、本当にありがとうございました!

ここまで読んでくれてありがとう。

 

 

 

 

おしまい